メニュー

皮膚生検・手術について

当院では皮膚の腫瘍などや疾患に対し皮膚の一部を切除するパンチ生検検査や全切除生検・手術などを完全予約制(火水木金 14:30-15:00枠 *祝日は除く)で行います。

診察の上、生検・手術が必要な際にはウィルス感染症採血や手術内容について説明した後に予約をとります。

手術にて切除したものは外注の病理検査に提出し、病理診断と併せて確定診断致します。(*結果は約2週間ほどで届きます)

また、術後のフォローアップについても責任を持って診療させて頂きます。

皮膚のできもの(腫瘍)は良性から悪性まで、様々な種類(粉瘤、アクロコルドンや脂肪腫、皮様嚢腫、神経鞘腫など)があります。稀ではありますが、悪性のタイプの腫瘍もあるため、臨床症状より疑った場合には病理検査にて確定診断をすることが重要となります。

必要に応じて他施設へご紹介させて頂く場合もありますが、まずはお気軽にご相談ください。

⚠️頭部、顔面などにできた腫瘍や巨大な粉瘤などの場合は近隣の大学病院や形成外科クリニックに紹介する場合があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME